公演・イベント
チケット発売中演劇主催公演

二兎社公演45「鷗外の怪談」

あらすじ

舞台となるのは千駄木・団子坂上の森鷗外の住居「観潮楼(かんちょうろう)」。この家は、歌会を催し、文学談義に花を咲かせるサロンである一方、帝国軍医としての鷗外に近しい軍人や官僚が出入りするなど、文学者にして官僚という、鷗外の「二つの頭脳」を象徴するような場でした。

家庭生活においても、鷗外は「二つの頭脳」の使い分けを余儀なくされていました。二度目の妻・しげと、鷗外の母・峰(みね)は、森家の主導権をめぐり、壮絶なバトルを繰り広げていたのです。鷗外は、しげに対しては「良い夫」、峰に対しては「良い息子」としてふるまうという、危ういバランスを生きていたのでした。

ところが、社会主義者の幸徳秋水らが明治天皇の暗殺を企てたとする「大逆事件」が報じられると、文学者と官僚の二つの立場を行き来する鴎外の危うさがピークに達します。

本作品は、1910年から1911年にかけての4か月間、鴎外と彼を囲む人々を描き、謎多きその内面に新たな光を当てようとするものです。

ポストパフォーマンストークも

終演後には作・演出の永井愛によるポストパフォーマンス・トークを行います。
司会は毎日新聞社学芸部 専門編集委員の畑 律江です。

出演&スタッフ

作・演出:永井 愛
出演:松尾貴史、瀬戸さおり、味方良介、渕野右登、木下愛華、池田成志、木野 花

公演概要

日時

2021年12月25日(土)  14:00開演(13:00開場/17:00終演予定)

会場

滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 中ホール

詳細

永井 愛ならではの新しい視点で文豪・森 鷗外を捉え直した異色の評伝劇。文学者と帝国軍人という二面性を生きた鷗外の内面に迫ります。
2014年に初演され高い評価を受けた本作を、新キャストを迎え、さらに磨きのかかった舞台として上演します。

二兎社のホームページはこちら

 

 

 

チケット情報

料金

S席:5,000円(4,500円)
A席:4,000円(3,500円)
※全席指定・税込
※青少年割引当日券あり
※( )内びわ湖ホール友の会会員料金/びわ湖ホールのみの取り扱い
びわ湖ホール友の会についてはこちら

発売日

友の会

2021年10月28日(木)10:00~

一般

2021年10月30日(土)10:00~

チケット取扱

インターネットで購入する

「ネット・チケット」での発売期間

現金・クレジットカード決済/窓口引取 公演前日19:00まで
コンビニ決済/コンビニ引取 公演前日19:00まで
クレジットカード決済/郵送 公演9日前まで
郵便振替/郵送 公演18日前まで

窓口でチケットを購入する

びわ湖ホールチケットセンター窓口
〒520-0806 滋賀県大津市打出浜15-1
休館日毎週火曜日(休日の場合は翌日) 受付時間10:00~19:00
窓口での発売期間

公演当日まで(公演により異なります)

電話でチケットを購入する

びわ湖ホールチケットセンター
休館日毎週火曜日(休日の場合は翌日) 受付時間10:00~19:00
電話での発売期間

公演当日まで(公演により異なります)

その他

お問い合わせ

びわ湖ホールチケットセンター
077-523-7136

託児サービス

対象:1歳以上、6歳未満
利用料金:お子様ひとりにつき1,000円
開設時間:開演30分前から公演終了後30分まで
申込方法:公演日の1週間前までにびわ湖ホールチケットセンターまでお申し込みください。

注意事項

  • 6歳未満のお子さまはご入場いただけません。
  • お申し込みいただいたチケットのキャンセル・変更はできません。
  • チケットのお申し込み後、ご案内の期限内に所定の手続きをされなかった場合には、チケットの販売・引き渡しをお断りいたします。
  • やむを得ない事情により出演者等が変更になる場合があります。
  • 青少年割引当日券 公演当日に残席がある場合に限り、青少年(24歳以下)の方に対し、定価の半額で当日券を販売します。(劇場窓口のみで取り扱い。学生証等年齢の分かるものをご提示ください。)