公演・イベント
室内楽・器楽・声楽主催公演

<びわ湖の午後60> 佐藤晴真 チェロ・リサイタル

お知らせ・トピックス

  • 2022年3月20日(日)

    シューマン:献呈

    加藤昌則:花詠み人


    ご来場ありがとうございました!

ゆったりと本格的なクラシックを楽しむ「びわ湖の午後」シリーズ!

選りすぐりの音楽家による演奏をゆったりとお楽しみいただくびわ湖ホールおすすめのリサイタル。1998年の開館以来、毎年2~3公演を開催、今回60回を迎える人気シリーズです。約300席の室内楽に最適な響きの豊かな小ホールで、一流のアーティストの演奏を堪能いただき、心豊かにお過ごしいただけます。

最難関「ミュンヘン国際音楽コンクール チェロ部門」日本人として初めて優勝!

佐藤晴真(さとうはるま)は1998年生まれ、名古屋市出身。2019年、長い伝統と権威を誇るミュンヘン国際音楽コンクール チェロ部門において日本人として初めて優勝し、一躍国際的に注目を集めた逸材です。2020年11月には、名門ドイツ・グラモフォンよりデビューアルバムとなる『The Senses~ブラームス作品集~』、2021年11月には2ndアルバム「SOUVENIR~ドビュッシー&フランク作品集」をリリース。びわ湖ホールには「近江の春 びわ湖クラシック音楽祭2019」に続き2度目の登場となります。

ピアノは作曲家で、ピアニストとしても評価が高い加藤昌則(かとう まさのり)が務めます。加藤は2020年7月の「びわ湖の午後56 藤木大地カウンターテナー・リサイタル」に続き2度目の登場となります。ロマン派、近代、現代の各時代を代表するチェロの名曲を、若き巨匠の演奏でお贈りします。

出演&スタッフ

佐藤晴真(チェロ)、加藤昌則(ピアノ)

公演概要

日時

2022年3月20日(日)  14:00開演

会場

滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 小ホール

詳細

2019年ミュンヘン国際音楽コンクール チェロ部門において日本人として初優勝、2020年には名門ドイツ・グラモフォンよりデビューアルバムをリリースした、今最も注目の若手チェリスト 佐藤晴真が「近江の春 びわ湖クラシック音楽祭2019」に続き登場します。

 

[曲目]

メンデルスゾーン:チェロとピアノのためのソナタ 第2番 ニ長調 op.58

シューマン:アダージョとアレグロ op.70

武満 徹:チェロとピアノのための「オリオン」

ショスタコーヴィチ:チェロとピアノのためのソナタ ニ短調 op.40

 

 

 

チケット情報

料金

一般:4,000円(3,500円)
青少年(25歳未満):1,500円
※全席指定・税込
※( )内びわ湖ホール友の会会員料金/びわ湖ホールのみの取り扱い
びわ湖ホール友の会についてはこちら

発売日

友の会

2022年2月3日(木)10:00~

一般

2022年2月5日(土)10:00~

その他

お問い合わせ

びわ湖ホールチケットセンター
077-523-7136

託児サービス

対象:1歳以上、6歳未満
利用料金:お子様ひとりにつき1,000円
開設時間:開演30分前から公演終了後30分まで
申込方法:公演日の1週間前までにびわ湖ホールチケットセンターまでお申し込みください。

注意事項

  • 6歳未満のお子さまはご入場いただけません。
  • お申し込みいただいたチケットのキャンセル・変更はできません。
  • チケットのお申し込み後、ご案内の期限内に所定の手続きをされなかった場合には、チケットの販売・引き渡しをお断りいたします。
  • やむを得ない事情によりプログラム等が変更になる場合があります。
  • 友の会優先販売期間中の窓口販売はありません。