びわ湖ホール声楽アンサンブル

びわ湖ホール声楽アンサンブルBIWAKO HALL Vocal Ensemble

びわ湖ホール声楽アンサンブル

日本初の公共ホール専属声楽家集団

全国から厳しいオーディションを経て選ばれた声楽家により構成される日本初の公共ホール専属声楽家集団。ソリストとしての高水準の実力だけでなく、アンサンブル、合唱の中核となり得る優れた声楽アンサンブルとしても多方面から注目を集めている。
びわ湖ホール独自の創造活動の核としてびわ湖ホール開館の年の1998年3月に設立。びわ湖ホール自主公演への出演を主な活動とし、オペラ公演や定期公演を行うほか、依頼を受けて全国各地でも多数の公演を行っている。また、滋賀県内の学校を対象とした公演を行うなど、音楽の普及活動にも積極的に取り組んでいる。現在までに在籍したメンバーは総勢50名を超え、卒団後は「ソロ登録メンバー」として、びわ湖ホールの自主事業に出演するほか、国内外の数多くのコンサートやオペラに出演するなど幅広く活躍している。
2013年第26回大津市文化賞、2017年第42回滋賀県文化賞受賞。

 

主な活動

オペラ公演

「びわ湖ホール オペラへの招待」「沼尻竜典オペラセレクション」「びわ湖ホールプロデュースオペラ」等へ出演しています。

定期公演

年3回開催する定期公演では、歌曲・宗教曲・合唱曲など多岐にわたる声楽曲に取り組んでいます。

地域での音楽普及活動

滋賀県内の小学校に出向き「学校巡回公演」や「ふれあい音楽教室」を実施。また、滋賀県内のホールと「地域協働公演」を開催するなど、音楽の普及活動を積極的に行っています。

びわ湖ホールおよび全国各地での公演活動

びわ湖ホールの自主事業に出演するほか、依頼をうけて、日本全国各地、また海外でも公演活動をおこなっています。

ごあいさつ

 《びわ湖ホール声楽アンサンブル》は、コンサートやオペラ公演におけるソロから合唱まで、幅広い分野の声楽作品を演奏するプロの声楽家集団です。全国から優れた若手が集うオーディションで選りすぐられたメンバーが、専属歌手としてびわ湖ホールの舞台を中心に活躍しています。最近では、ここから巣立った歌手が日本のみならず、世界の一流のステージで演奏する機会も増えてきており、うれしい限りです。
 平成30年度は《びわ湖ホール声楽アンサンブル》の現役メンバーが主要キャストを務める<オペラへの招待>シリーズとして、モーツァルト作曲『ドン・ジョヴァンニ』と林 光作曲の『森は生きている』に取り組みます。『森は生きている』は、18年間上演し続けてきた大切なレパートリーです。平成28年度から3年間かけてリダクション版を県内全域で地域の方々と一緒に上演しており、今年度は締めくくりとしてびわ湖ホールでフルバージョン上演を行います。現役メンバーでまかなえないキャストには、かつての在籍者である「ソロ登録メンバー」を迎えて、新旧メンバーが互いに切磋琢磨しながら理想の舞台を目指します。
 幅広い活動でみなさまと劇場を結ぶ《びわ湖ホール声楽アンサンブル》に、これからもどうぞご期待ください。

びわ湖ホール芸術監督  沼尻 竜典

びわ湖ホール芸術監督・沼尻竜典のプロフィール写真 ©RYOICHI ARATANI

©RYOICHI ARATANI

監修:
沼尻竜典(びわ湖ホール芸術監督)プロフィールはこちら
名誉指揮者:
田中信昭
桂冠指揮者:
本山秀毅
指揮者:
大川修司
ソプラノ:
飯嶋幸子、熊谷綾乃、藤村江李奈、船越亜弥
アルト:
益田早織、溝越美詩、山際きみ佳、吉川秋穂
テノール:
川野貴之、蔦谷明夫、坂東達也
バス:
内山建人、五島真澄、宮城島 康

ソロ登録メンバー

過去にびわ湖ホール声楽アンサンブルに在籍した声楽家。現在は国内外の劇場等で活躍しているほか、びわ湖ホールの自主公演にもソリスト等として客演しています。

女声

岩川亮子 / 上田祥子 / 江藤美保 / 大川 繭 / 大垣加代子 / 基村昌代 / 熊本裕子 / 栗原未和 / 黒澤明子 / 黒田恵美 / 小林あすき / 小林久美子 / 佐藤路子 / 嶋田友里恵 / 清水芳子 / 白根亜紀 / 鈴木 望 / 田島茂代 / 田中千佳子 / 谷村由美子 / 中嶋康子 / 林 育子 / 日比直美 / 本田華奈子 / 松下美奈子 / 森 季子 / 渡辺玲美

男声

相沢 創 / 青柳貴夫 / 梅原光洋 / 角地正範 / 菊田隼平 / 河野知久 / 島影聖人 / 清水徹太郎 / 下岡輝永 / 砂場拓也 / 竹内公一 / 竹内直紀 / 津國直樹 / 西田昭広 / 二塚直紀 / 林 隆史 / 古屋彰久 / 増田貴寛 / 松本 晃 / 松森 治 / 的場正剛 / 迎 肇聡 / 安田旺司 / 山本哲也 / 山本康寛

(五十音順)

びわ湖のうた声