オペラ夏の祭典2019-20「トゥーランドット」の上演が決定しました。

本日、「オペラ夏の祭典2019-20 Japan⇔Tokyo⇔World」として開催される「トゥーランドット」、「ニュルンベルクのマイスタージンガー」公演の記者発表が、総合プロデュースと指揮を務める大野和士氏、びわ湖ホール山中館長、本プロジェクトに参画する劇場のほか、関係者出席のもと、東京都内で行われました。

「オペラ夏の祭典2019-20 Japan⇔Tokyo⇔World」は、東京文化会館と新国立劇場が、〈東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会〉にあわせ、びわ湖ホール、札幌文化芸術劇場をはじめ、日本を代表する各地の劇場と連携して2年に渡り展開する国際的なオペラプロジェクトです。

びわ湖ホールは、2019年に、アジア(中国)が舞台となる「トゥーランドット」(プッチーニ作曲)を上演。スペインの演出家集団で、バルセロナオリンピック開会式の演出を手がけたラ・フーラ・デルス・バウスの芸術監督であるアレックス・オリエが演出します。また、本プロジェクトを発案した指揮者大野和士が音楽監督を務めるバルセロナ交響楽団が24年ぶりに来日し、オーケストラピットに入ることも大きな話題と言えます。

※2020年は、東京オリンピック・パラリンピック開催年に相応しい祝祭感を持つ大作「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(ワーグナー作曲)が上演されます。

※びわ湖ホールは2019年の「トゥーランドット」公演のみ参画します。


「トゥーランドット」びわ湖ホール公演のチケット発売については追ってお知らせいたします。

大規模に展開するプロジェクトにどうぞご期待ください!

詳細はこちらでご覧いただけます。