びわ湖ホール声楽アンサンブルによるオンラインロビーコンサートの無料配信について

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、お客様になかなか舞台芸術をお届けできない状況の中、びわ湖ホールでは劇場専属の「びわ湖ホール声楽アンサンブル」によるロビーコンサートを無観客で収録し、無料配信します。


◆趣旨
コロナ禍の最中、お客さまに劇場に足を運んでもらうことがなかなか難しいため、オンラインにより、びわ湖ホールから良質な音楽を配信することとし、ロビーコンサートのような気軽な雰囲気で、琵琶湖の美しい風景とともに音楽を楽しんでいただきます。


◆内容
・びわ湖ホール声楽アンサンブルによる歌の配信。
 曲ごとにメンバーを変え、収録した動画をびわ湖ホールのYouTubeアカウントから随時配信します。
・曲目は「琵琶湖周航の歌」をはじめ、オペラの名曲などをお届けする予定です。


◆出演
 びわ湖ホール声楽アンサンブル・メンバー、船橋美穂(ピアノ)
 ※3密を避けた環境で収録を行うため、メンバー間の距離を十分確保し、2~4名での重唱を配信します。


◆配信開始時間
 2020年6月18日(木)10:00~「琵琶湖周航の歌」
 2020年6月25日(木)10:00~『メリーウィドウ』より「唇は語らずとも」
 2020年7月2日(木)10:00~『皇帝ティートの慈悲』より「ああ、昔の愛情に免じて」
 2020年7月9日(木)10:00~『天地創造』より「愛らしく優雅な姿に」
 2020年7月16日(木)10:00~『ホフマン物語』より「ホフマンの舟歌」
 2020年7月23日(木)10:00~『清教徒』より「ラッパを吹き鳴らせ」
 2020年7月30日(木)10:00~『マニフィカート』より「その憐みは代々に限りなく」
 2020年8月6日(木)10:00~『こうもり』より「乾杯の歌」
 2020年8月13日(木)10:00~「秋の歌」
 ほか 収録後随時配信予定(公開終了時期未定)


<びわ湖ホール声楽アンサンブル BIWAKO HALL Vocal Ensemble>
びわ湖ホール独自の創造活動の核としてホール開館の1998年に設立。全国から厳しいオーディションで選ばれた劇場専属の声楽家集団として、びわ湖ホール自主公演への出演を主な活動とし、オペラ公演のみならず多岐にわたる声楽曲に取り組んでいる。依頼を受けて国内各地での公演にも出演するほか、滋賀県内の学校を対象とした公演を行うなど、音楽の普及活動にも積極的に取り組んでいる。2013年第26回大津市文化賞、2017年第42回滋賀県文化賞受賞。


※びわ湖ホール声楽アンサンブルについて、詳しくはこちらをご覧ください。