7月13日 エイフマン・バレエ「アンナ・カレーニナ」主役キャスト決定のお知らせ

来日までいよいよ1ヶ月を切ったエイフマン・バレエから、日本公演で主役を務めるダンサーの決定連絡が届きました。ボリス・エイフマンが、21年ぶりの日本公演に向けて、熟考の末に確定させた最強布陣をご紹介します。



「アンナ・カレーニナ」

7月13日(土)15時開演 [大ホール]



アンナ/ダリア・レズニク

カレーニン/セルゲイ・ヴォロブーエフ

ヴロンスキー/イーゴリ・スボーチン




エイフマンが見出した、いまとびきりの輝きを放つカンパニーのヤングヒロイン、ダリア・レズニクが本格的な日本デビューを果たします。ロシアの名画クラムスコイ『忘れえぬ女』さながらの、高貴な雰囲気と憂いを帯びた眼差しは、アンナ役にふさわしいザ・ロシアン・ビューティー。長い手足が雄弁に語る、名門ワガノワ・バレエ・アカデミーを卒業したブレイク必至の注目ダンサーです。

夫カレーニンを踊るのはは、眼光鋭くシャープな動きでカンパニー随一の強烈な個性を持つセルゲイ・ヴォロブーエフ。アンナと恋に落ちる若き将校ヴロンスキーは、同じくエイフマンがレズニク同様に丁寧に育て上げてきた貴公子イーゴリ・スボーチンが演じます。



こちらの配役は6月19日現在の予定キャストです。最終的なキャストは当日発表となります

エイフマン・バレエ「アンナ・カレーニナ」特設サイトはこちら