新国立劇場との連携・協力に関する協定締結について

 公益財団法人びわ湖芸術文化財団と公益財団法人新国立劇場運営財団は、それぞれが運営する滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールと新国立劇場との連携・協力に関する協定を1126日(月)に締結しました。

 新国立劇場とはこれまでにも地域招聘オペラ公演「三文オペラ」「ミカド」の上演や新国立劇場バレエ団のびわ湖ホール公演を実施しており、今年7月には、オペラ「トスカ」にびわ湖ホール声楽アンサンブルが加わり東京と滋賀で連続上演するなど、協力関係を築いて来ました。

 さらに来年7月、オペラ夏の祭典2019-20Japan⇔Tokyo⇔Worldとして新国立劇場と東京文化会館が共同制作するオペラ「トゥーランドット」の、びわ湖ホール公演が決まっております。

 今回の協定は、それぞれの劇場等で実施する公演のほか、人材の交流・育成などについて緊密な協力関係を築き、連携を深めることで、劇場事業の活性化に資するとともに、地域における実演芸術の普及向上、教育及び文化の振興に寄与すること、ひいてはわが国の芸術文化の振興に貢献することを目指しています。

 びわ湖ホールは、今回初めて劇場と協定を締結しました。これまでには成安造形大学、京都造形芸術大学、立命館大学映像学部と連携協定を締結し、「舞台技術研修~人材育成講座~」で舞台芸術を担う人材の育成を目指す等、連携を進めています。

 今後も、様々な形で連携・協力関係を構築し、文化芸術の振興普及に努めてまいります。



181126_びわ湖ホール新国立劇場連結協定

    (左より)山中隆 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール館長、畑中裕良 公益財団法人新国立劇場運営財団総務部長