イタリア・バーリ歌劇場「イル・トロヴァトーレ」ソリスト変更について

来る630日(土)びわ湖ホール大ホールで、表題公演のレオノーラ役で出演を予定していたバルバラ・フリットリは、気管支炎悪化のため来日できなくなりました。

代わって、スヴェトラ・ヴァシレヴァが出演することとなりましたので、お知らせいたします。

なお、今回のキャスト変更によりますチケットの払い戻しはいたしませんのでご了承いただきますようお願いいたします。

この件に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。



楽天チケット/ 株式会社コンサート・ドアーズ

Tel. 03-6264-4194(平日1017時)

コンサート・ドアーズ ホームページhttp://www.concertdoors.com/news/799



スヴェトラ・ヴァシレヴァ Svetla Vassileva, Soprano プロフィール

世界の注目を浴びているブルガリア出身のソプラノ。強く艶やかな美声を持ち、歌唱と演技力で高評価を得てオペラ界のスターへ。日本でも2001フィレンツェ五月音楽祭「椿姫」、2012年トリノ歌劇場「トスカ」、2013年ミラノ・スカラ座「ファルスタッフ」で圧巻の演奏を披露し話題となった。2015年には新国立劇場「マノン・レスコー」題名役を歌い大成功をおさめた。ミラノ・スカラ座、アレーナ・ディ・ヴェローナ、ロイヤル・オペラ、パリ・オペラ座、ウィーン国立歌劇場等、世界の檜舞台で活躍している。レパートリーは広いが、「イル・トロヴァトーレ」「トスカ」「蝶々夫人」等、ヴェルディ・プッチーニ作品では特に称賛されている。

スヴェトラ・ヴァシレヴァ.jpg