びわ湖ホール プロデュースオペラ ワーグナー作曲 『ラインの黄金』キャスト変更について

2017年3月4日 アルベリヒ役で出演を予定していた桝 貴志が体調不良により、出演できなくなりました。
代わって、カルステン・メーヴェスKarsten Mewesが出演いたします。
なお、チケットの払い戻し、キャンセル、変更はお受けできませんので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

カルステン・メーヴェス Karsten MEWES (バリトン)


ベルリン・ハンス・アイスラー国立音楽大学卒業。モーツァルトやヴェルディ、プッチーニなど多数のイタリアオペラをレパートリーとする他、ワーグナー作品では『さまよえるオランダ人』オランダ人、2007年バイロイト音楽祭『パルジファル』クリングゾル、2008年ドイツのマンハイム国立歌劇場シューラー演出「リング・シリーズ」アルベリヒ、ヴォータン、さすらい人などで出演。2010年には『ニュルンベルクのマイスタージンガー』ハンス・ザックスを演じ大きな成功を収めている。また2008年から2016年までマンハイム国立歌劇場専属歌手としてリング・シリーズに多数出演。近年は『ファウストの劫罰』『バッカスの巫女』『道化師』『フィデリオ』等に出演する他、2016年5月には北京の中国国家大劇院に客演し『タンホイザー』ビーテロルフを演じた。またオーケストラとの共演やオラトリオの歌手としても評価が高く、2016年12月にはフォーレ「レクイエム」ソリストとして来日している。