沼尻竜典芸術監督がベルリン・コーミッシェ・オーパーに登場!!

沼尻芸術監督がベルリン・コーミッシェ・オーパーで、全世界で活躍するペーターコンヴィチュニー演出の「ドン・ジョヴァンニ」を指揮します。これは2003年に制作されたものの再演です。 ベルリン・コーミッシェ・オーパーと言えば、びわ湖ホール プロデュースオペラ「ばらの騎士」(2008年2月)、「ラ・ボエーム」(2010年3月)を演出したアンドレアス・ホモキがインテンダント(芸術総監督)兼主席演出家を務める劇場です。 また、ペーター・コンヴィチュニーと言えば、2009年にオペラ演出についての講演、2010年にはオペラ演出ワークショップでびわ湖ホールに登場。多くの人の心をわしづかみにしました。ベルリン・コーミッシェ・オーパーでは基本的に全ての公演がドイツ語訳で行われています。したがって、今回の「ドン・ジョヴァンニ」も本来はイタリア語で書かれていますが、ドイツ語上演です。観客数は1270席で、びわ湖ホールの大ホールと中ホールの丁度中間の大きさの劇場です。 公演日は下記のとおりです。応援をお願いします。 モーツァルト作曲 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」(ドイツ語上演) 指  揮:沼尻竜典 演  出:ペーター・コンヴィチュニー 会  場:ベルリン・コーミッシェ・オーパー 公演日:2010年12月9日、14日、19日、23日、27日、29日          2011年1月5日 ベルリン・コーミッシェ・オーパーHP:こちらから