沼尻竜典オペラセレクション「ルル」が文化庁芸術祭優秀賞を受賞しました!

今年度の沼尻竜典オペラセレクションとして10月4日(日)に3幕完成版で上演いたしました、 アルバン・ベルク作曲:歌劇「ルル」が、第64回文化庁芸術祭賞音楽部門(関西参加公演の部)で優秀賞を受賞しました。  「難関とされる作品の上演に必要な指揮、演出、装置、歌唱、演奏の全ての面において最適な環境を整えた、びわ湖ホールの劇場としての成熟を確信させる公演」であったと評価されました。  これまで、プロデュースオペラ ヴェルディ・シリーズで平成16年度に「十字軍のロンバルディア人」で優秀賞を、17年度に「スティッフェリオ」で優秀賞を、18年度に「海賊」で大賞を受賞し、今回で4度目の受賞となるものです。  今回の受賞を励みとして、これからも“創造する劇場”として、優れた舞台芸術作品の上演に取り組んで参りますので、皆様の一層のご支援をお願いいたします。