竹取物語_ものがたり

竹取物語

あらすじ

今は昔、竹取の翁といふもの有りけり。野山にまじりて、竹を取りつつ、よろづの事につかひけり―

 むかしむかし、竹を取る翁がいた。あるとき翁は光る竹のなかに小さな女の子を見つけ、媼とともに大切に育てた。女の子は不思議にも三か月で輝くばかりの美しい娘に成長し、「かぐや姫」と名付けられた娘の噂は方々に広がった。そして、殊のほか熱心な五人の男が屋敷に通され妻に迎えたいと申し出る。姫はそれぞれに難題を課し、それを夫婦になる条件としたが、誰一人叶えることはできなかった。遂には帝までもが心惹かれ、妃にすべくかぐや姫に近づくが、その要求も受け入れられない。帝はせめてもとして歌のやり取りを望み、姫はこれを約束する。

 帝と心を通わせて三年が経とうとした頃、かぐや姫は月を見ては悲しげな顔をするようになった。かぐや姫は、自分が月の都の者であり、次の十五夜に月から迎えがくることを打ち明ける。翁は、帝の軍勢にこれを阻止するよう懇願するが、月の使者の前になす術もなく、帝への手紙と不死の薬を残してかぐや姫は月へ帰ってしまう。残された帝は、不死の薬を返すべく多くの兵を引き連れて、この世で一番高い山で薬を焼き、それからこの山は富士の山と呼ばれる。

主な登場人物

かぐや姫
竹の中から光を発して見出された美しい姫
翁(おきな)
竹をとることを生業とするおじいさん
媼(おうな)
かぐや姫を愛し育てるおばあさん
帝(みかど)
姫の噂を聞きつけ妃に迎えたいと考える
石作皇子(いしつくりのみこ)
姫に求婚し、仏の石の鉢を持ってくるよう課題を言い渡される
庫持皇子(くらもちのみこ)
姫に求婚し、与えられた課題は蓬莱の玉の枝
阿倍御主人(あべのみうし)
姫に求婚し、与えられた課題は火鼠の皮衣
大伴御行(おおとものみゆき)
姫に求婚し、与えられた課題は龍の首の玉
石上麻呂足(いそのかみのまろたり)
姫に求婚し、与えられた課題は燕の子安貝

チケット購入方法

下記の方法にて公演チケットをお申し込みいただけます。

インターネットでお申し込み

ユーザー登録がお済みの方はチケット購入画面へ

ユーザー登録がまだの方はユーザー登録へ


ネットチケットでの発売期間

  • 現金・クレジットカード決済/窓口引取 →公演3日前まで
  • コンビニ決済/コンビニ引取 →公演3日前まで
  • クレジットカード決済/郵送 →公演9日前まで
  • 郵便振替/郵送 → 公演18日前まで

お電話でお申し込み

びわ湖ホールチケットセンター077-523-7136

受付時間10:00~19:00

  • 毎週火曜日休館(休日の場合は翌日)
  • 電話での発売期間:公演当日まで(公演により異なります。)

窓口でお申し込み

びわ湖ホールチケットセンター窓口〒520-0806 滋賀県大津市打出浜15-1

受付時間10:00~19:00

  • 毎週火曜日休館(休日の場合は翌日)
  • 窓口での発売期間:公演当日まで(公演により異なります。)