• びわ湖ホールプロデュースオペラ ワーグナー作曲《ニーベルングの指環》第3日『神々の黄昏』特設ページ

びわ湖ホールプロデュースオペラ ワーグナー作曲《ニーベルングの指環》第3日『神々の黄昏』特設ページ

STORY

夜明け前の岩山で運命の綱を編むノルンが運命に見捨てられたと嘆く。朝となりジークフリートは武勲を立てるため、ブリュンヒルデに指環を与えて一人岩山を発つが、訪れたライン河畔の館で当主のグンター、妹のグートルーネ、異父弟ハーゲンに忘れ薬を飲まされ、記憶を失くす。ジークフリートはグートルーネに求婚し、ブリュンヒルデをグンターの妻とするため岩山へ向かう。ブリュンヒルデはワルトラウテに指環を返すように説得されるが応じず、グンターに扮したジークフリートに指環を奪われ、館へと連れ去られる。その後、グンターとブリュンヒルデ、ジークフリートとグートルーネの結婚が宣言される。ブリュンヒルデはジークフリートが持つ指環を目にし、怒りと絶望の中、ハーゲンにジークフリートの弱点を教えてしまう。ハーゲンは隙をついてジークフリートを殺し、指環を奪おうとするが、顛末を悟ったブリュンヒルデが指環を奪い返し、ジークフリートへの愛を歌いながら炎へ身を投げる。ライン河が炎に流れ込み、乙女たちは指環を取り戻す。そして、燃え盛る炎はワルハラ城をも焼き尽くす。

登場人物
・ジークフリート ブリュンヒルデと結ばれたヴェルズング族の最強の英雄。
・ブリュンヒルデ かつてはワルキューレの筆頭だった、ジークフリートの妻。
・アルベリヒ ニーベルング族の小人。世界を支配する力を持つ指環奪還を画策する。
・グンター ライン河畔のギービヒ家の当主。
・ハーゲン アルベリヒが人間の女に生ませたグンターの異父弟。
・グートルーネ グンターの妹。
・ワルトラウテ ワルキューレの一人。ブリュンヒルデの妹。
・ヴォークリンデ ラインの乙女
・ヴェルグンデ ラインの乙女
・フロスヒルデ ラインの乙女
・ノルン 運命の女神で、過去・現在・未来を司る三姉妹。知恵の女神エルダの娘。

びわ湖ホール友の会

シアターメイツ