イリ-ナ・メジューエワ( Irina Mejoueva)

(楽器 : ピアノ Piano) ロシア出身。モスクワのグネーシン音楽大学でV.トロップに師事。92年E.フリプセ国際コンクールでの優勝を機に、オランダ、ドイツ、フランスなどで公演を行う。97年から日本を本拠地として活動を始め、東京文化会館小ホール、紀尾井ホール、トッパンホールなどでリサイタルを開催。バロック、古典派から近・現代にいたる作品まで幅広いレパートリーを手がける。ロシアの作曲家N.メトネルの作品紹介にも力を入れており、01年シリーズ「忘れられた調べ」で主要作品を4夜にわたって取り上げ注目を集めた。02年浜離宮朝日ホールでシリーズ演奏会を開催したほか、スタインウェイ ジャパン株式会社によるコンサートツアーを行う。03年にサンクトペテルブルク放送響、04年および06年にカルテット・イタリアーノと共演。05/06年ザ・シンフォニーホールでリサイタル・シリーズを開催。09年にはハクジュホールで世紀転換期ロシアの作曲家に焦点を当てたリサイタル「夜の風」を開くなど、精力的な活動を展開している。CD録音にも積極的で、デンオン(コロムビア)、音楽之友社、アウローラ・クラシカル、若林工房などからアルバムをリリースしている。 06年青山音楽賞受賞。