森谷 真理Moriya Mari(ソプラノ)

森谷 真理

『魔笛』夜の女王でメトロポリタン歌劇場デビュー。ウィーン・フォルクスオーパー、ドイツ・ライプツィヒ・オペラなど欧米の歌劇場に出演するほか、リンツ州立劇場の専属歌手として『ラクメ』『マリア・ストゥアルダ』タイトルロール等、数多く出演。国内には、びわ湖ホール『リゴレット』ジルダでデビュー。東京二期会『蝶々夫人』『サロメ』タイトルロール等で絶賛を博す。20年日生劇場『ルチア~あるいはある花嫁の悲劇~』タイトルロールに続き、21年新国立劇場『カルメン』フラスキータ、東京二期会『ルル』タイトルロールで出演予定。19年『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』で国家独唱を務め大きな注目を集めた。近年びわ湖ホールには<びわ湖リング>『ワルキューレ』ジークリンデ、『神々の黄昏』グートルーネ、オペラへの招待『こうもり』ロザリンデ、『魔笛』夜の女王で出演。小山評定ふるさと大使。とちぎ未来大使。二期会会員