妻屋 秀和Hidekazu TSUMAYA

妻屋 秀和

東京藝術大学卒業、同大学院修了。第24回ジローオペラ賞受賞。ミラノに留学後、ライプツィヒ歌劇場(1994〜2001年)及びワイマールドイツ国民劇場(02〜11年)の専属歌手を務め、ライン・ドイツ・オペラ、ベルリン州立歌劇場、ベルリン・ドイツ・オペラなどにも出演。国内でも新国立劇場をはじめ多くの劇場で活躍。これまで出演したオペラは60余作、演じた役は80役、公演数は900を超え、18年にはオペラデビュー30周年を迎えた。オペラのみならずオーケストラコンサート、宗教曲のソリストとして、またマスタークラス等の教育活動にも取り組んでいる。19年新国立劇場『タンホイザー』ヘルマン、東京二期会『エロディアード』ファニュエルで出演。二期会会員