びわ湖ホール声楽アンサンブルBIWAKO HALL Vocal Ensemble

監修:沼尻竜典(びわ湖ホール芸術監督)

名誉指揮者:田中信昭  桂冠指揮者:本山秀毅  指揮者:大川修司



びわ湖ホール独自の創造活動の核としてびわ湖ホール開館の年の1998年3月に設立。ソリストとしての高水準の実力だけでなく、アンサンブル、合唱の中核となり得るバランスのとれた声楽家により構成されている。

びわ湖ホール自主公演への出演を主な活動としており、「びわ湖ホール オペラへの招待」や「沼尻竜典オペラセレクション」「びわ湖ホール プロデュースオペラ」などのオペラ公演やオーケストラ公演へ出演するほか、定期公演ではオペラ曲のみならず、歌曲・宗教曲・合唱曲など多岐にわたる声楽曲に取り組んでいる。

また、滋賀県内の学校を対象としたオーケストラ公演「音楽会へ出かけよう!」への出演や、学校へ出かけて行う「学校巡回公演」や「ふれあい音楽教室」の実施など、音楽の普及活動も積極的に行っている。さらに、依頼を受けて全国各地でも多数の公演活動を行うなど、日本初の公共ホール専属声楽家集団として多方面から注目を集めている。

なお、現在までに在籍したメンバーは総勢50名を超え、活動期間を終了した後は「ソロ登録メンバー」として、びわ湖ホールの自主事業に出演するほか、国内外の数多くのコンサートやオペラに出演するなど幅広く活躍している。

2013年第26回大津市文化賞、2017年第42回滋賀県文化賞受賞。


ソプラノ:飯嶋幸子、熊谷綾乃、藤村江李奈、船越亜弥
ア ル ト:益田早織、溝越美詩、山際きみ佳、吉川秋穂
テノール:川野貴之、蔦谷明夫、坂東達也
バ  ス:内山建人、五島真澄、宮城島 康