小森 輝彦Komori Teruhiko (バリトン)

小森 輝彦

東京藝術大学卒業。同大学院、文化庁オペラ研修所修了。文化庁在外研修員としてベルリン芸術大学に学ぶ。1999年プラハ国立劇場『椿姫』ジェルモンで欧州デビュー。独アルテンブルク・ゲラ市立劇場専属第一バリトンとして『ドン・ジョヴァンニ』『さまよえるオランダ人』のタイトルロール等の大役を多数演じ12年間同劇場を牽引するとともに欧州各地で活躍。その業績により11年に日本人初のドイツ宮廷歌手の称号を授与された。またザルツブルク音楽祭『午後の曳航』、ミラノ・トリノ音楽祭『班女』等にも出演。国内では新国立劇場をはじめ数々の舞台で活躍。20年東京二期会『フィデリオ』ドン・フェルナンドに続き、21年7月『ファルスタッフ』フォードで出演予定。東京音楽大学教授。二期会会員