沼尻 竜典(指揮/びわ湖ホール芸術監督)Ryusuke NUMAJIRI

width=220

1990年第40回ブザンソン国際指揮者コンクール優勝。ロンドン響、モントリオール響、シドニー響、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ響、ベルリン・ドイツ響、デュッセルドルフ響、フランス放送フィル、トゥールーズ・キャピトル管、パリ室内管等、欧米各国のオーケストラを指揮。これまで、新星日響正指揮者、東フィル正指揮者、名古屋フィル常任指揮者、日本フィル正指揮者、群馬響首席指揮者、日本センチュリー響首席客演指揮者を歴任。オペラ指揮者としては97年『後宮からの誘拐』でデビュー以後、ケルン歌劇場、バイエルン州立歌劇場、ベルリン・コーミッシェ・オーパー、シドニー歌劇場、バーゼル歌劇場、新国立劇場をはじめ、国内外の劇場で指揮。2007年びわ湖ホール第2代芸術監督に就任。びわ湖ホールでは07年『こびと』、08年『ばらの騎士』『サロメ』、09年『トゥーランドット』『ルル』、10年『ラ・ボエーム』『トリスタンとイゾルデ』、11年『アイーダ』『ドン・ジョヴァンニ』、12年『タンホイザー』『コジ・ファン・トゥッテ』、13年『椿姫』『ワルキューレ』、14年『死の都』『リゴレット』、15年『オテロ』『竹取物語』、16年『さまよえるオランダ人』『ドン・パスクワーレ』、17年『ラインの黄金』『ノルマ』で大成功を収めている。91年第1回「出光音楽賞」、99年第7回「渡邉暁雄音楽基金音楽賞」、01年第51回「芸術選奨文部科学大臣新人賞」、04年第3回齋藤秀雄メモリアル基金賞、05年第46回毎日芸術賞、第23回中島健蔵音楽賞、10年びわ湖ホール 沼尻竜典オペラセレクション『トリスタンとイゾルデ』の指揮で文化庁芸術祭優秀賞を受賞。また、同年『ラ・ボエーム』『トリスタンとイゾルデ』等の成果で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。自身の作曲によるオペラ『竹取物語』の2015年の上演が第13回三菱UFJ信託音楽賞奨励賞受賞。現在、びわ湖ホール芸術監督、リューベック歌劇場首席客演指揮者(17年夏まで音楽総監督)、トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア音楽監督。17年春には紫綬褒章受章。