藤岡幸夫Sachio FUJIOKA

1962年東京生まれ。幼少よりピアノ、チェロを学ぶ。指揮法を故渡邉暁雄、小林研一郎、松尾葉子に師事。サー・ゲオルグ・ショルティのアシスタントを務める。慶応義塾大学文学部卒。英国王立ノーザン音楽大学指揮科卒。日本フィル指揮研究員を経て90年に渡英。92年、英国人若手指揮者に贈られる「サー・チャールズ・グローヴス記念奨学賞」を特例で受賞。94年にロンドンの夏恒例名物「プロムス」にデビューし大成功を収める。BBCフィルハーモニック副指揮者、マンチェスター室内管弦楽団首席指揮者を経て、海外で数多くのオーケストラに客演。近年では、2006年スペイン国立オヴィエド歌劇場にて「ねじの回転」でスペイン・オペラにデビュー、その上演が2006年度スペインの新演出オペラのベスト・パフォーマンス・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。2009年には同劇場にて「ナクソス島のアリアドネ」で再客演、ふたたび大成功を収め、すぐに2014年の「蝶々夫人」での客演が決まった。95年より2003年2月まで日本フィルハーモニー交響楽団指揮者を務める。2000年より関西フィルハーモニー管弦楽団正指揮者を務め、その後2007年4月より同管弦楽団の首席指揮者に就任。積極的な指揮活動を展開している。英CHANDOSと契約、これまでにBBCフィルとCDを7枚リリース。今後も吉松隆全管弦楽作品を録音していく予定。渡邉暁雄氏の最後の愛弟子である。2002年度渡邉暁雄音楽基金音楽賞受賞。
Fujioka-sachio-fan.com