• 主催
  • オペラ
  • 公演情報
開催日
2019.3. 2(土)
時間
14:00開演 13:15開場 19:00終了予定
会場
大ホール

びわ湖ホールプロデュースオペラ ワーグナー作曲《ニーベルングの指環》第2日『ジークフリート』(ドイツ語上演・日本語字幕付)【3月2日公演】<新制作>

"創造する劇場"として情報発信を目指すびわ湖ホールが、開館以来、日本最高水準の力を結集して毎年贈り出してきた<びわ湖ホール プロデュースオペラ>

2016年度からは、オペラ作品の中でもひときわ異彩を放つワーグナーの大作、<ニーベルングの指環>四部作を4年かけて制作し、びわ湖ホール単独上演でお贈りします!
2018年度は3年目にあたり第2日「ジークフリート」を新制作!

演出には引き続き、オペラ界の重鎮であるミヒャエル・ハンペ、舞台美術・衣裳デザイナーには画家としても高名なヘニング・フォン・ギールケを迎え、びわ湖ホールの舞台機構を活用した「決定版」とも言うべき舞台を創り上げます。



指揮 沼尻竜典(c)RYOICHI ARATANIトリミング.jpgのサムネイル画像

指揮:沼尻竜典

(びわ湖ホール芸術監督)

(写真:(C)RYOICHI ARATANI)

演出:ミヒャエル・ハンペ 美術・衣裳:ヘニング・フォン・ギールケ



指 揮:沼尻竜典(びわ湖ホール芸術監督)

演 出:ミヒャエル・ハンペ

美術・衣裳:ヘニング・フォン・ギールケ

照 明:齋藤茂男

音 響:小野隆浩(びわ湖ホール)

演出補:伊香修吾

舞台監督:幸泉浩司



■管弦楽 京都市交響楽団



■キャスト(組み分け未定)

ジークフリート

クリスティアン・フランツ

NN

ミーメ

高橋 淳

トルステン・ホフマン

さすらい人

青山 貴

ユルゲン・リン

アルベリヒ

大山大輔

町 英和

ファフナー

伊藤貴之

斉木健詞

エルダ

竹本節子

八木寿子

ブリュンヒルデ

池田香織

ステファニー・ミュター

森の小鳥

吉川日奈子












■ジークフリート Siegfried

作曲・台本:リヒャルト・ワーグナー

初演:1876年8月16日、バイロイト祝祭劇場(第1回バイロイト音楽祭)

一大叙事詩≪ニーベルングの指環(序夜と3日間のための舞台祝典劇)≫の第2日。『ラインの黄金』が序夜と名付けられているため、『ジークフリート』は第2日と呼ばれるが、実際は3番目の物語ということになる。

『ジークフリート』は双子の兄ジークムントの子を身籠ったジークリンデが伝説の剣「ノートゥング」の破片を抱え森に逃げ込み、ミーメに助けられ子を産み息絶えた後から始まる。その子どもこそが英雄ジークフリートである。

ジークフリート役は難役の多いワーグナーのテノール役の中でも最高峰の難役として知られる。

第2幕第2場「森のささやき」の音楽はしばしば管弦楽のみで独立して演奏される。


■あらすじ

森の中でミーメに育てられたジークフリートは「恐れ」を知らぬ若者へと成長していた。ミーメはさすらい人として現れたヴォータンから「恐れ」を知らぬ者だけが名剣「ノートゥング」を鍛え直すことができ、自分の命も握っていることを聞く。ミーメはジークフリートに剣を鍛え直させ、大蛇となり森の奥深くで財宝を守るファフナーを退治させる。大蛇の返り血を浴び、小鳥の声がわるようになったジークフリートは指環と財宝を手にいれ自分を陥れようとしていたミーメを一刀両断にする。そして小鳥に導かれ岩山に向かう途中でヴォータンの槍をも打ち砕く。炎の壁を越えたジークフリートは、そこで眠るブリュンヒルデを見て初めて「恐れ」を知る。目覚めた二人は恋に落ち、結ばれる。

■登場人物

ジークフリート(テノール) ジークムントとジークリンデの子。英雄。
ミーメ(テノール) ニーベルング族でアルベリヒの弟。ジークフリートを養育する。
さすらい人(バリトン) 神々の長ヴォータンの地上における変装姿。
アルベリヒ(バリトン) ニーベルング族でミーメの兄。世界を支配する力を持つ指環を奪回しようとする。
ファフナー(バリトン) 巨人族。大蛇に姿を変え、財宝とともに指環を護っている。
ブリュンヒルデ(ソプラノ) かつてワルキューレの筆頭だった、ヴォータンとエルダの娘。
エルダ(メゾソプラノ) 知恵の女神。ブリュンヒルデの母。
森の小鳥(ソプラノ) 声役。鳥の言葉でジークフリートに助言する。

  

公演名 びわ湖ホールプロデュースオペラ ワーグナー作曲《ニーベルングの指環》第2日『ジークフリート』(ドイツ語上演・日本語字幕付)【3月2日公演】<新制作>
開催日 2019年3月 2日(土)
時間 14:00開演 13:15開場 19:00終了予定
会場 大ホール
料金(税込) SS席:22,000(21,000)円 S席:18,000(17,000)円 A席:15,000(14,000)円 B席:13,000(12,000)円 C席:10,000(9,000)円 D席:8,000円 E席:5,000円 U30席:3,000円 U24席:2,000円 3月2日・3日 2公演セット券(S席):32,000(30,000)円

※( )内は友の会会員料金
☆青少年割引当日券
発売日 友の会: 2018年9月27日(木)10:00~(ネット・チケットおよび電話受付のみ)
一 般: 2018年9月29日(土)10:00~ 20180929100000
託児サービス 対象:1歳以上、6歳未満
利用料金:お子様ひとりにつき1,000円
開設時間:開演30分前から公演終了後30分まで
申込方法:2月23日までにびわ湖ホールチケットセンターまでお申し込みください。
お問い合わせ びわ湖ホールチケットセンター
077-523-7136(10:00~19:00/火曜日休館、休日の場合は翌日)
注意事項 ※6歳未満のお子さまはご入場いただけません。
※チケットのお申し込み後、ご案内の期限内に所定の手続きをされなかった場合には、チケットの販売・引き渡しをお断りいたします。
※やむを得ない事情により出演者等が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
※友の会優先販売期間中の窓口販売はありません。
※セット券、U30・U24席についてはびわ湖ホールチケットセンター(電話・窓口)のみでの取り扱いです。U30・U24席チケットを購入された方は公演当日、学生証等年齢の分かるものを必ずご提示ください。
※青少年割引当日券 公演当日SS~E席に残席がある場合に限り、青少年(24歳以下)の方に対し、定価の半額で当日券を販売します。(劇場窓口のみで取扱い。学生証等年齢の分かるものをご提示ください。)
※SS・D・E席はびわ湖ホールチケットセンター(ネット・電話・窓口)のみの取り扱いで、販売初日に限り1回でご予約・ご購入いただける枚数は合計4枚までとさせていただきます。