• 主催
  • 終了した公演・講座
時間
14:00開演(13:30開場)

気軽にクラシック9 福川伸陽~ホルンの音色への招待~

長原幸太三浦友理枝福川伸陽
びわ湖ホール芸術監督 沼尻竜典が特におススメするアーティストシリーズ。

シリーズ9回目は、若手トップの実力を誇り、ソリストとして、そしてNHK交響楽団団員としても活躍中のホルニスト、福川伸陽です。
リヒャルト・シュトラウス生誕150年を記念して、このコンサートで初演される鈴木優人作曲の新作のほか、ピアノの三浦友理枝、ヴァイオリニストの長原幸太との魅惑のアンサンブルにも注目です。
ホルンの魅力を、華麗なソロで、そしてピアノとヴァイオリンとの三重奏で、たっぷりとお楽しみください!

[プログラム]
藤倉 大:ぽよぽよ ※
R.シュトラウス:アンダンテ ハ長調 AV58
鈴木優人:委嘱新作<R.シュトラウスへのオマージュ~生誕150年に寄せて> 世界初演 ※
ベートーヴェン: ホルン・ソナタ ヘ長調 op.17
ブラームス :ホルン三重奏曲 変ホ長調 op.40

※福川伸陽委嘱作品

<出演者からのメッセージ>
おそらく史上初めてのホルンリサイタルの為に作られた、ベートーヴェンのホルン・ソナタ op.17。
そしてそれから200年と少し、今、最も新しい鈴木優人の新曲。
ホルン奏者を父に持ち、「英雄の生涯」では、自身を表す主題をホルンに書いたほど
この楽器を愛したリヒャルト・シュトラウスの生誕150周年を記念して委嘱した。
シュトラウスを愛してやまない鈴木優人さんと僕、そして今回共演してくれる三浦友理枝さんと長原幸太さんは
奇遇なことに全員1981年生まれ。
そして、ブラームスがホルン三重奏曲 op.40を書き上げたのも、ちょうど今の僕らの歳。
亡くした母の為にこの作品を書き上げたブラームスとは対照的に、生まれてきた娘のほっぺたの感触から音楽を作った藤倉 大。
音楽でしか表せなかった作曲家の沢山の想いを、素晴らしい演奏家たちと表現できるのを楽しみにしています。

福川伸陽

公演名 気軽にクラシック9 福川伸陽~ホルンの音色への招待~
開催日 2014.05.24
時間 14:00開演(13:30開場)
発売日 2014.01.26
託児サービス

対  象:1歳以上6歳未満 
利用料金:お子様ひとりにつき1,000円
開設時間:13:30~公演終了後30分まで
申込方法:5月17日(土)までにびわ湖ホールチケットセンター(TEL:077-523-7136)までお申し込みください

お問い合わせ

びわ湖ホールチケットセンター
077-523-7136(10:00~19:00)

注意事項

※6歳未満のお子様はご入場いただけません。
※やむを得ない事情によりプログラム等が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
※お申し込みいただいたチケットのキャンセル、変更はできません。
※チケットお申し込み後、期限内に所定の手続きをされなかった場合は、チケットの販売・お引き渡しをお断りします。