• 主催
  • 公演情報
  • 演劇
  • 終了した公演・講座
開催日
2011.4.21(木)
時間
未定
会場

二兎社『シングルマザーズ』

びわ湖ホールではおなじみの二兎社。
今回はキャストに沢口靖子、吉田栄作らを迎え、
したたかに生きるシングルマザーたちの姿を描きます。

 "貧困"、"虐待"。そんなマイナスイメージと結びつけて語られることの多い母子家庭の母親たち。育児も仕事も1人で背負った上に、別れた男性との複雑な関係まで抱える彼女たちの多くは、確かに精神的にも経済的にも"命ぎりぎり"の状態です。
 でも、彼女たちを取り巻く状況は、シングルマザーだけの特殊事情ではありません。女性に限らず、あるいは配偶者や子どものいる・いないに関わらず、今の社会を生きる厳しさに直面したことのある人なら、舞台の上にきっと「あなた自身」を見つけるはずです。
 そして、困難があるからこそ実感できる "手ごたえ"のある生き方を、意外にしたたかで、かつ豪快な「シングルマザーズ」と共有していただけたらと思います。

公演名 二兎社『シングルマザーズ』
詳細

【あらすじ】

直(なお・沢口靖子)は12歳の男の子を育てるシングルマザー。派遣社員として働くかたわら、シングルマザーの支援団体、“ひとりママ・ネット”の新米事務局長としても忙しい。
時は2002年の秋。事務所はオンボロアパートの一角だが、代表の燈子(とうこ・根岸季衣)と直の目標は大きい。児童扶養手当の削減を阻止するため、国会を動かそうというのだ。
ロビー活動や、ネットワークづくりに追われる日々。シングルマザーたちからは、ひっきりなしに悩みごとの相談が寄せられる。水枝(みずえ・玄覺悠子)も初音(はつね・枝元萌)も、そんな中で出会った仲間だ。彼女たちがつまずきながらも、それなりに自立していく様子は、直の励みになっている。
ある夜、見知らぬ男(吉田栄作)が事務所に現れた。妻子が突然消えてしまったという。話を聞くうち、直にはひらめくものがあった。この男には、DV(ドメスティック・バイオレンス)の傾向があるのでは?
この夜から、直と男の奇妙な交流が始まった。
そして、2007年。国会へのロビー活動は、いよいよ正念場を迎えて…。

開催日 2011年4月21日(木)
時間 未定
会場
託児サービス

☆託児サービス無料☆
お母さん・お父さんにも気軽に観劇をお楽しみいただくために、通常お子様ひとりにつき1,000円いただいている託児料金を、本公演に限り無料といたします。
対象/1歳以上、6歳未満
利用料金/無料
開設時間/18:30~22:00
申込方法/4月14日(木)までに「びわ湖ホールチケットセンター」までお申込み下さい。
TEL:077-523-7136(10:00~19:00)

お問い合わせ

びわ湖ホールチケットセンター
077-523-7136(10:00~19:00)

注意事項

※6歳未満のお子様はご入場いただけません。
※やむを得ない事情により、出演者等が変更になる場合があります。
※お申し込みいただいたチケットのキャンセル、変更はできません。
※チケットのお申し込み後、ご案内の期限内に所定の手続きをされなかった場合には、チケットの販売・引き渡しをお断りいたします。