小原 啓楼Ohara Keiro(テノール)

小原 啓楼

東京藝術大学卒業。同大学院博士号取得。オペラでは新国立劇場『夕鶴』与ひょう、『沈黙』ロドリゴ、『椿姫』ガストン、日生劇場『リア』エドマンド、東京二期会『イル・トロヴァトーレ』マンリーコ、『ローエングリン』タイトルロール、『蝶々夫人』ピンカートン、ロームシアター京都『フィデリオ』フロレスタンなど数々の舞台に出演。コンサートでも「第九」ヘンデル「メサイア」をはじめ、ハイドン「天地創造」、ヴェルディ「レクイエム」、マーラー「大地の歌」、ブリテン「戦争レクイエム」など国内主要オーケストラとの共演しソリストとしても高い評価を得ているほか、19年ロシア・ウラジオストク、サンクトペテルブルグで行われた外務省主催公演オペラ『夕鶴』に出演するなど、各方面で活躍し注目を集めている。びわ湖ホールには初登場。愛知県立芸術大学教授。二期会会員