平成19年度 事業報告

財団法人 びわ湖ホール

1事業概要

開館10年目を迎え、音楽、歌劇、演劇、舞踊、古典芸能等の舞台芸術公演や舞台芸術の普及事業を実施するとともに、専属声楽アンサンブルの演奏活動を 行った。また、広報営業活動や友の会運営等を通じ観客の拡大や創造に努めるとともに、ホール、練習室等の貸館業務および施設の管理運営等を行った。

2事業実績

(1)自主事業

ア 平成19年度自主事業
滋賀の魅力を国内外に発信するとともに、世代を超えて誰もが舞台芸術の楽しみを味わい、繰り返し来館していただけるホールを目指し、特色ある施設機能を 生かしてプロデュースオペラや隔年開催のびわ湖ホール夏のフェスティバルなど、オペラ、コンサート、バレエ、ダンス、演劇等国内外の優れた公演を多彩に開 催した。 特に、平成19年度は新しい芸術監督の就任に伴い、オペラセレクションなどの新たな企画を取り入れるとともに、「びわ湖シンフォニーホール」公演では、芸術監督の指揮によりオーケストラの名曲を幅広い聴衆に紹介した。 また、「青少年オペラ劇場」をはじめ、普段見ることが出来ないホールの舞台裏を探検する「劇場探検ツアー」等を実施し、次代を担う青少年が音楽や舞台芸 術に触れる機会の提供に努めるとともに、オペラ入門講座や公演に関連したプレトーク、ワークショップを開催するなど広く舞台芸術の普及を図るための事業を 行った。
区    分 事業数 公演数 入場者数(人)
大ホール 9 10 13,406 
中ホール 14 18 9,866 
小ホール 8 12 3,058 
その他 2 4 940 
33 44 27,270 
普及事業 25 63 11,593 
共催等 9 11 14,213 
67 118 53,076 
イ 平成20年度以降自主事業準備
 平成20年度以降の自主事業を円滑に実施するため調査交渉を進めるとともに、平成20年度に開催する自主事業公演の事前準備を行った。
ウ 専属声楽アンサンブル運営
 びわ湖ホールの創造活動の核として、「青少年オペラ劇場」シリーズ、「プロデュースオペラ」、「沼尻竜典オペラセレクション」のソリストや合唱部門を担 うとともに、年4回の定期演奏会等の各種自主事業への出演を主な活動とするホール専属の声楽アンサンブルの運営を行い、初めての東京公演も実施した。ま た、県教育委員会等と連携し、小学校の体育館等でコンサートを行う小学校巡回公演等を実施した。さらに、依頼公演として各種のコンサートを各地で行った。
エ ネットワークの形成
 県公立文化施設協議会の会長館として、館長会議を開催したほか、びわ湖舞台芸術スタッフセミナーとしてアートマネージメント研修などを実施し、県内公立文化施設のネットワーク形成に努めた。

(2)広報営業

ア 広報営業
 びわ湖ホールからの情報発信とチケットの販売促進を図るため、公演チケット情報「Stage」や舞台芸術情報誌「湖響」の発行をはじめ、パブリシティ活 動、インターネット・ホームページ等による公演情報の提供、新聞・雑誌・電波による広告など幅広い広報活動のほか、協賛支援の確保や貸館についての営業活 動を行った。
イ チケット販売
 組織販売に力を入れるなど、チケットの効果的な販売活動を行い、顧客の拡大に努めた。
ウ 貸館利用促進
 PR活動による新規開拓や既利用者の継続的利用など貸館の利用促進に努めた。
エ 友の会運営
 びわ湖ホール顧客の拡大・定着を図りチケット販売等の営業活動を促進するため、友の会一般会員、特別会員を募集し、定期的な情報の提供とチケットの優先販売を行った。
会 員 数 (平成20年3月末現在)
・一般会員:3,615人(クレジット会員2,554人、非クレジット会員1,061人) ・特別会員:48社54口
オ 観客創造
(ア)劇場サポーター  ひとのネットワークによる観客創造を目的に、第10期から第12期までの劇場サポーター76名の研修を行うとともに、サポーター活動の実践を通じ舞台芸術の普及に努めた。また、第13期サポーターの募集・選考を行った。 (イ)シアターメイツ  青少年の舞台芸術への関心を高めるため、6歳以上18歳未満の青少年を対象にシアターメイツ会員を募集し、バックステージツアーや稽古見学会を実施した。 (ウ)舞台芸術情報サロン  誰もが気軽に舞台芸術に関する情報に触れられるよう、舞台芸術情報サロンを運営し、各種サービスの提供を行った。